妊婦でもできる仕事 >> 妊娠中に取るべき資格|就活や仕事に役立つ資格10選 > webライティング技能検定が目指せる通信講座

目指せwebライティング技能検定

自宅で仕事ができるwebライティングを始めるために取っておきたい資格がwebライティング実務士です。妊娠中の時間を活用して、クラウドソーシングで仕事をするために必要な知識から専門スキルをwebライティング技能検定試験講座を受講して身につけておけば、産後、子育て時の副業に役に立つこと間違いなしです。

  1. webライティング実務士とは
  2. Webライティングとはどんな仕事なのか
  3. Webライティングの収入はいかほどか
  4. 主婦がwebライティングを始めるなら
  5. webライティングのメリットとは
  6. 妊娠中に目指せwebライティング技能検定
  7. 通信講座で学習して在宅受験できる

webライティング実務士とは

webライティング技能検定が目指せる通信講座

webライティング技能検定に合格と取得できる資格が、webライティング実務士資格です。
近年急成長しているクラウドソーシングの世界ですが、これまで明確なスキルを証明する資格がありませんでした。
そこで、日本クラウドソーシング協会がwebライティング実務士の資格を認定することとして技能検定をスタートしました。

この資格のお陰で、クラウドソーシングで仕事を発注する会社や事業主も、仕事を委託した人の実力を判断することができるようになったわけです。
webライティング実務士は、まさにそのスキルを証明する資格なのです。

>>webライティング実務士【詳細】

Webライティングとはどんな仕事なのか

Webライティングの仕事は、インターネットを通じて不特定多数の人々と事業を推進していく新しいタイプのビジネスモデルで、『クラウドソーシング』と呼ばれるジャンルの仕事です。その中でも特に文章を主体に書いていく仕事が、Webライティングと区分されています。
クラウドソーシングには、システム開発やWebデザイン、Webサイトの作成など経験やスキルを要する仕事もありますが、Webライティングなら特別なスキルはなくても誰でも取り組めて、入口が広いので初心者が取り組むにはおすすめです。

Webライティングの収入はいかほどか

クラウドソーシング事業は年々増加していて、5Gによる通信速度の加速、サブスクなどネット通販の拡張などの要因も相まって、今後は更なるWebサイトの活性化が予想されます。これに伴い、Webライティング(Webライター)のニーズも益々高まるものと考えられます。

Webライターの多くは雇用主を持たずに、クラウドソーシングサービスなどを通じて仕事を受注して報酬を得ている人が大半です。自由に仕事をしたい人、自分のやりたいことをしたいという人がフリーランスとして働いている傾向にあります。

フリーランスの平均年収を厚労省のフリーランス白書で調べてみると、副業として仕事をしているすきまワーカーを除くと、フリーランスの年収(月の平均勤務時間が140時間以上の人)の平均収入は300~500万円という結果が出ています。

年収 時給換算 割合
200万未満 1,190円未満 32.0%
200〜400万未満 平均1,700円 26.9%
400〜600万未満 平均2,900円 21.5%
600〜800万未満 平均4,000円 8.2%
800〜1000万未満 平均5,000円 5.5%
1000〜1200万未満 平均6,000円 2.3%
その他 3.6%

主婦が隙間時間に働くとなると、最低時給を1,000円と仮定しても、1日に2時間程度で月に60,000円は稼げるようになるでしょう。Webライティングの技量や仕事の選び方、慣れなどに拠るところはありますが、スキルが上がれば徐々に収入も増えていくでしょう。

主婦がwebライティングを始めるなら

妊娠して隙間時間を使って稼ごうと在宅ワークを始める妊婦さんは意外と多いのですが、これまでの経験がないからと躊躇する人がいます。

実は、主婦向けのwebライティングのお仕事としては、主婦目線の日記風の記事や商品のレビューなどが多くあり、簡単なコメントは素人感覚で書く方が効果的ということから、webライティング未経験の人の方が向いているのです。

そして、ライティングの仕事に慣れてくると高単価の仕事や少し専門的な文章が書きたくなってくるのも事実です。

そこで、webライティングが初めてという人やこの仕事で稼ぎたいと考えている人のための資格として、『webライティング実務士』の民間資格があるのです。
そこで、基礎から専門的なスキルまでしっかり身につけておくことは、生涯の資産になると言えます。

これからのネットワーク社会で生活していくために、クラウドソーシングというネットを通じた業務・仕事のマナーやルールなども身に付けておくことは、就活や子供の教育にも役立つと言うことができるでしょう。

コロナ禍でのテレワークの推進などから、在宅ワークがこれ前以上に注目され、何かあったときのためのスキルを保有するということからもWebライティング実務士の資格は取得し、Webライティングを始めておくのは損のないことと言えるでしょう。
Webライターの仕事は自由度が高いため、1日に1~2時間程度しか働かないすきまワーカーや副業として仕事している人なども少なくありません。一方で1日6時間以上、週に5日以上はしっかり本格的な仕事として作業している人もいます。Webライティングの仕事は、出来高制なのでやった分だけ稼げるというのが実情です。

webライティングのメリットとは

ズバリ!、webライティングの仕事を始めるメリットは、時間の自由とノーリスク、マイペースで仕事ができることです!!

webライティングという在宅ワークで、しっかりと稼げるようになれば、育児と仕事を両立できるためライフスタイルも変えられるでしょう。

子供と一緒に主婦をしながら、隙間時間を活用してしっかり仕事もできたり、家事や家族旅行などでの経験、体験を記事作成に利用したり、日々の生活が全てwebライティングの参考になるのです。

報酬は、仕事をした分だけという出来高制ですが、やった分だけ報酬がもらえるということから、やりがいのある仕事ということもできるでしょう。

最近の主婦は自宅のパソコンを自由に使える人も多く、以前よりクラウドソーシングへのハードルは低くなっているようで、主婦の中には隙間時間で月に30万も稼いでいる人がいるのも事実です。

妊娠中に目指せwebライティング技能検定

産後、子育て期間になっても在宅ワークを続けてみたいなら、妊娠中にwebライティング実務士の勉強を始めましょう!!

webライティング技能検定講座を受講すれば、たったの6ヶ月で合格に必要な知識や技能が身に付くし、webライティング実務士の合格サポート制度もあるから安心して学習できます。

さらに、日本クラウドソーシング検定協会と提携しているため、報酬のアップや仕事の紹介などの特典を受けられるのも魅力です。

通信講座で学習して在宅受験できる

単に文章を書くと言っても実は奥が深く、読み手に伝わる文章の書き方や表現方法など、コンテンツの作成を基礎から学びます。通信講座では、教材テキストと問題集、web模擬試験を行うことで、初心者でもしっかり学ぶことができるカリキュラムになっています。

資格 WEBライティング実務士
講座 WEBライティング技能検定講座
学校 ヒューマンアカデミー / 通信講座『たのまな』
特徴 ●検定合格後優先的に仕事を受注可
100%仕事保証システム
●日本クラウドソーシング協会の公式テキストを使用
費用 32,000円
期間 最短2ヶ月~6ヶ月
教材 たのまなのWEBライティング技能検定講座●テキスト 基礎編1冊、実践編1冊
●問題集  基礎編1冊、実践編1冊
●付録資料 クラウドソーシング案件の手引き1冊
●付録資料 ISV練習法―発想力・語彙力―
●オンライン試験システム 通知書(ID・パスワード)
●スタートアップガイド 1冊
●特典教材 タイピング教本 1冊

webライティング実務士の資格は、日本クラウドソーシング認定協会によるwebライティング技能検定に合格するともらえる資格です。
しかも、技能検定は在宅受験ができるオンライン試験なので、妊婦さんは外に出かけることなく学習から受験まで、全て在宅で完結するのもありがたい点ですね。

初心者でも気軽に挑戦でき、しっかり資格取得できる実績のある講座なので、妊娠中に是非資格取得してみて下さい。
webライティング技能検定講座の学習内容、教材内容、学習スケジュール、合格サポート制度などの詳細については、無料で請求できる講座資料で、詳細を確認してください。

>>webライティング技能検定講座【詳細】


妊婦でもできる仕事探しメニュー