妊婦でもできる仕事 >> 妊娠中の仕事に関する悩みを解決しよう > 旦那の年末調整で配偶者控除を受けるためのポイント

旦那の配偶者控除とは

旦那の年末調整で配偶者控除を受けるためのポイント配偶者控除とは、所得税を納税している旦那の妻であるあなたが、所得税法上の控除対象配偶者だった場合は、サラリーマンとして働いているときに年末調整で所得税の控除が受けられる制度のことです。
では、どのような人が控除対象配偶者になるかというと、旦那の所得が年収1,000万円を超えていないことが大前提となり、以下の4つの条件を満たしているときに控除対象者になります。

  1. 民法の規定による配偶者(内縁関係の妻ではダメ)
  2. 納税者と生計を一にしていること
  3. 年間の合計所得金額が48万円以下(令和元年分以前は38万円以下)であること。(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
  4. 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと

パートなどで仕事をしている場合、給与収入が95万円なら給与所得控除額の55万円を引くと合計所得金額が40万円となり48万円以下なので、配偶者控除が受けられることになります。逆に収入が105万円なら控除額の55万円を引いても所得が50万円となり48万円より多くなるため、配偶者控除は受けられないことになります。
また、給与所得以外の所得(不動産所得など)がある場合は、その分も加えることになり合計が48万円を超えていなければ控除の対象になります。

配偶者特別控除と配偶者控除の違い

配偶者控除の他に『特別』という文字の入った配偶者特別控除なるものがあります。これは、配偶者控除枠の48万円を超える所得があった場合でも、一定条件の下で一定の金額の控除が受けられる制度です。
大枠の条件は旦那の所得が1,000万円以下であるなどと同等ですが、年間の所得が48万円を超え133万円以下であり、配偶者が配偶者特別控除を適用していないことなど一定の条件を満たした場合、旦那の所得に応じて行って額の控除が受けられます。

配偶者特別控除の控除額

控除額は最大38万円から最低で1万円と開きがありますが、もし適用対象になっているなら控除の手続きをすると良いでしょう。

旦那の年末調整ですべきこと

サラリーマンの旦那なら11月頃になると年末調整の手続きがスタートします。職場で渡された年末調整用の申告書のなかに配偶者控除等申告書という部分があります。ここにあなたの年間の所得を記入することになります。ただし、1年が終わる前、11月頃に記入することになるため、10月までの実績を踏まえた見積額を記入することになるのです。

配偶者控除等申告書の記入要領

配偶者控除等申告書の記入要領②の部分にパートの年間収入の見積金額を記入します。複数のパート先があるなら、それらの合計見積金額になります。③には所得を記入しますが、給与所得控除額の55万円を引いた金額になります。例えば140万円の収入があるなら、この欄は85万円となります。
あとは、用紙に書かれている区分等から該当する配偶者控除もしくは配偶者特別控除の額を見つけ出し⑩に記入すればOKです。
細かい部分は用紙に記入要領が明記されているので、その通りに書いていけば問題ありません。簡単なひと手間で控除が受けられるので積極的に活用しましょう。

年末調整の前にすべきこと

配偶者控除を受けるには所得金額を適用される枠内に入るように調整する必要があります。一定の金額を超えてしまうと、住民税や所得税を取られたり、社会保険料を支払わなければならなくなり、せっかくパートで働いても税金で持っていかれてしまうことになります。

周囲に旦那の扶養の元でパートに来ている人がいたら相談してみると良いでしょう。パート先でのシフト調整による収入の調整や、扶養内で働くためのノウハウを伝授してくれるはずです。

知らないと損をする配偶者控除 「つまりいくらまで働ける?」がわかる本話をするのが恥ずかしい時には、私の参考にした配偶者控除についての本があるので、これを買えば良いでしょう。本代以上に役に立つ、損をしなくなる参考書です。
>>知らないと損をする配偶者控除 「つまりいくらまで働ける?」がわかる本

妊婦でもできる仕事探しメニュー