妊婦でもできる仕事 >> 仕事量の変わらない職場で考えること

妊娠しても仕事量は変わらず

妊娠が判明して上司に報告すれば、職場の周囲の人は気をつかったり、声を掛けてくれたりはするようになります。

しかし肝心の仕事量の変化がなく、多少の残業を強いられたリ、納期が近づけばストレスも溜まるという・・・仕事への配慮が少ない会社もあるようです。

仕事に対して責任感のある女性は、多少の無理をしてしまったり、気の弱い妊婦さんは言い出せなかったりというケースもあるようです。

妊娠中の体調不良

妊娠中の体調不良については、つわり、切迫流産、切迫早産などのトラブルを経験した人が約53%、特に体調不良はなかった人が約47%と言うデータもあり、2人に1人は何らかの体調不良を抱えているようです。(日本教職員組合の調べによる)

特に体調不良を感じていないなら、臨月まで仕事を続けることは問題ないのでしょうが、体調不良を感じたなら早めに対処することが大切です。

無理して仕事を続けて、切迫流産などと診断されれば、出産までの数ヶ月を安静にして過ごすことを強いられることになり、仕事どころではなくなります。

将来の働き方について考えよう

妊娠は人生の単なる通過点ではなく、その先は一人家族が増える、しかも十数年は面倒を見る必要がある子供が増えることに他なりません。

産後の生活、仕事、子育てなどについて、妊娠中にじっくりと考えて将来の働き方について考える必要があるでしょう。

職場環境も良く、産休・育休などの実質的な制度運営もきちんと行われている職場なら、出産後の育児休暇を終えてから職場復帰するのも良いと思います。

しかし、職場での理解が得られないようなら、子育てする段階に入ってもそれ以上の理解を得られるはずがないので、退職、転職も視野に入れる必要があります。

自宅で稼げる在宅ワーク

安静が必要な妊婦さんや自宅で仕事をしたい妊婦さんには、在宅ワークがおすすめです。

パソコンやインターネットの進歩と普及によって、自宅にいながらいろいろな仕事ができる環境が整ってきています。

出社せずとも在宅勤務でできる仕事や、パソコンを介して仕事を行うWebライティングやデータ入力などのクラウドソーシングと呼ばれる在宅ワークも魅力的です。

誰でもリスクなく、事前の投資なく、ノルマもなく始められる在宅ワークですが、出来高制なので、作業をしなければ稼げません。

逆に、作業した分だけしっかりと報酬になるので、やる気のある妊婦さんに人気になっています。

>>妊婦にできる在宅ワーク

>>在宅でできる仕事Webライター

子育てと両立できる働き方

妊娠中に子育てと両立できる働き方に興味がある妊婦さんには、派遣社員という働き方がおすすめです。

ライフイベントに応じて職場や働き方を自分自身で選択できるのが派遣社員の特徴で、子供の成長に合わせて仕事を選べるため、仕事より家庭、家族、子供を大切に考える女性には人気の働き方です。

派遣の場合、派遣会社に派遣スタッフとして登録しておけば、あなたの要望に応じた仕事、職場を派遣会社が提案してくれるので、自分で仕事を探して応募する必要はありません。

派遣が初めてという妊婦さんなら、今のうちから派遣登録会に参加して、派遣スタッフとして登録しておくことをおすすめします。

安心のテンプスタッフで派遣登録

テンプスタッフならママ支援のサービスも充実しているので、子育て中のママでも、安心してお仕事探しができます。

少子高齢化が進む中、女性の力が注目されているため、女性に合ったお仕事を見つけられます。

大手の派遣会社テンプスタッフではママ支援制度もあり、福利厚生も整っているので安心して派遣登録して下さい。

>>テンプスタッフの派遣登録

働きやすいリクルートスタッフィング

また、リクルートスタッフィングでは、女性が働きやすいようになるための支援部署、体制も整備されていて、実際に働いている人の口コミ評価も高く、初めての派遣でも不安なく登録して働くことができます。

>>リクルートスタッフィング派遣登録

将来の働き方について考えてみようと思うなら、まずは派遣登録会に参加してみましょう。

腸内環境を整えたい妊婦さんに好評

便秘対策で悩んでいる妊婦さんに好評のサプリが、ファンケルの快腸サポートです。

悪玉菌を追い出して、腸内環境を良好にしてくれるビフィズス菌BB536は、酸や酵素に強く生きて大腸に届くから効くのです。

【ファンケル】快腸サポート
矢印
ファンケル快腸サポート

妊婦でもできる仕事探しメニュー