妊婦でもできる仕事 >> 妊婦仕事Q&A > 産休/育児休暇の過ごし方【在宅ワーク】

産休/育児休暇中のおすすめの過ごし方

産休/育児休暇の過ごし方【在宅ワーク】

仕事をしている人が妊娠すれば、当然産休がつくことになります。

産休はいつからいつまで?

労働基準法第65条では、『出産予定日前の6週間(産前休業。多胎妊娠の場合は14週間)と、出産の翌日から8週間(産後休業)の期間、休業できる。』となっており、約3ヶ月間のお休みがもらえます。

また、子供が生まれてから1年間は、子育てに従事する人がいない場合に育児休暇を取ることもできます。

『お産』にはお金もかかる

検診については自己負担額の平均が約5.7万円、出産費用の平均が約47万円、マタニティー、ベビー用品などで約13万という調査データがあります。

結局、お産には60万から70万円の費用が掛かり、出産手当金等もいただけますが、出産には結構お金が掛かるのです!!

産休を短期バイトで過ごす方法

産休中は自宅で出産に向けての準備や産後の育児に専念する期間ではありますが、隙間時間を使って、無理なく出来るのが在宅ワークです。

今、産休中の在宅ワークは結構人気があるのですが、それは初期投資などのリスクがなく、ノルマもなく、実績ベースでの報酬がもらえるからです。

在宅ワークの主流は、Webライターと呼ばれる仕事で、日記ブログの代筆、商品のレビュー、アンケートへの投稿記事など、簡単な文章を作成するお仕事です。

短期バイト『Webライター』の始め方

Webライターの仕事は、パソコンとネット環境があればOKで、いつからでも始められます。

当サイトが妊婦さんにおすすめの在宅ワークは、『Webライター』のお仕事です。

今どき主婦の稼ぎ方!在宅WEBライターとしてデビューしませんか?「水原咲のライティング講座」家事や育児のちょっとした合間に出来るお小遣い稼ぎの方法を具体的なノウハウを交えながらご提供します。

Webライターの仕事をするためのサイト会員への登録は無料で、しかも30秒もあれば登録が完了します。

登録が終われば、すぐにWebライティング、データ入力などの簡単なお仕事を探して、仕事がスタートできるので、ママさん、妊婦さんに人気です。

>>Webライターの仕事を詳しく見る

Webライターとしての登録と仕事

在宅ワークのお仕事の流れは、次の4ステップです。

  1. 在宅ワークサイトへ会員登録する。
    【無料登録】
  2. 好きなジャンルで仕事を探す。
    【作業としては、テキスト入力、データ収集・分類などの単純作業】
  3. 選んだ仕事を依頼・要求内容に基づいて作業する。
    【記事の作成、データの入力、メルアド収集など】
  4. 作業に応じた報酬をいただく。

在宅ワークサイトに登録してみる
下矢印

記事書いたりするのも面倒という妊婦さんには、商品・サービスを使って評価するだけで小遣いが稼げるモニター体験もおすすめ!!

>>妊婦におすすめモニター体験

妊婦でもできる仕事探しメニュー