妊婦でもできる仕事 >> 妊婦の就活・仕事に役立つ資格【一覧】 > 妊婦でも取れる医療事務の資格

医療事務の資格とは

妊婦でも取れる医療事務の資格医療事務の資格は、いわゆる民間資格と呼ばれるものです。

レセプトの作成やカルテ管理、受付、会計など医療事務で必要な知識と技量を持っているという証となる資格なので、妊娠中、産後に病院やクリニックの医療事務スタッフとして働きたいという妊婦さんにはおすすめです。

就活の際に履歴書の資格欄に『医療事務の資格保有』と明記することで、即戦力の証となるため、資格未保有者との差別化が図られ、採用の公算もアップします。

医療事務の気になる収入面

医療事務の年収は、全国平均で約300万円と言われています。

地域や勤務先の病院・クリニックの規模などによっても変動がありますが、女性の働きやすい職場で安定した収入が得られるのが魅力的な業種・資格です。

医療事務資格の取得方法

医療事務資格を取得するには、通信講座か通学講座で勉強して取得するのが一番手っ取り早くおすすめです。

妊婦さんには通学講座より、自宅でマイペースで勉強できる通信講座がおすすめです。

医療事務の場合、教材とパソコンを使った学習、動画学習などで十分に内容を理解し、試験に合格するだけの実力をつけることができるからです。

医療事務資格取得講座の資料請求
矢印
医療事務資格取得講座の資料請求
医療事務の仕事がしたいっ!
★ヒューマンアカデミー★

妊婦さんに必要な葉酸サプリ

葉酸は妊婦さんに必要な栄養素で、最も身体が成長する妊娠初期(妊娠12週まで)に必要不可欠な栄養素とされており、厚労省が妊娠を計画している女性に対し、1日当たり0.4mg(400μg)以上の葉酸の摂取を推奨しているほどです。(2000年)

ママと赤ちゃんのための葉酸サプリ
矢印

妊婦でもできる仕事探しメニュー